美味しくておしゃれな最新の「食べられる食器」を紹介!
Read
TOP

 環境への負荷を減らすために、通常は食べられないようなものを、食べられる素材で作る研究が数多く進められている。今回特集するのは「食べられる食器」。ただ食べられるだけでなく、味もおいしく、応用の幅も広い商品が増えているようだ。

食器まで食べられる時代に

1)食べられるカトラリー

2222

(画像:https://www.kickstarter.com/より)

 外食の増加や、洗い物が面倒であるという理由から、スプーンやフォークなどのカトラリーは使い捨てになりがちである。インドの研究者Narayana Peesapatyさんは、自国で毎年1200億本ものプラスチックカトラリーが使い捨てられていることに危機感を覚え、「Edible Cutlry(食べられるカトラリー)」を開発した。

 このカトラリーはいくつかの種類のグルテンフリーの小麦粉でできている。熱いスープなどに入れても20分はもつようだ。バリエーションは3種類あり、味無しタイプ、スパイシータイプ、スイートタイプがあるという。

○公式HP:http://www.bakeys.com/

2)食べられるコップ

LOLIWARE_Drinks(1)

 紙コップもまた、一期一会の存在だ。アメリカのLOLIWARE社は、そんな紙コップ事情を刷新した。LOLIWARE社が提供するのは、食べられるコップ(Edible Cups)である。

 海藻と天然の甘味料、果物や野菜からとったの着色料や香料などからできており、チェリータルト、ゆずシトラス、抹茶、バニラの4種類の味があるようだ。いずれもロリポップキャンディーのような味がするという。さらに、常温でも凍らせてもOK。カロリーは1カップあたり135kcal。コップの味も含めたスイーツドリンクが生まれそうだ。

○公式HP:https://www.loliware.com/

3)食べられるラップ

wrap2

(画像:https://www.youtube.com/より)

 あらゆる食品を保護するも、用が済んだらあっけなく捨てられる。サランラップは、いつまでもキッチンの縁の下の力持ちであったが、いよいよ主役になれる日も近いかもしれない。

 アメリカ農務省は、牛乳に含まれるカゼインというタンパク質を使って、「食べられるラップ」を開発した。このラップは、従来のラップよりも酸化を予防することができるメリットもあるようだ。また、食品の保存だけでなく、キャンディのようなものの包装としての可能性も秘めている。おにぎりやサンドイッチを、ラップに包んだまま食べることだってできるのだ。

○ニュースリリース:Edible food packaging made from milk proteins (video)

4)食べられる食品容器

wikicellballs2

(画像:www.designindaba.com/より)

 食べられる素材や、微生物で分解できる食品容器は、もしかしたら見たことがある人がいるかもしれない。しかし、もっと画期的な食品容器がある。

 ハーバード大学で教鞭をとるDavid Edwards博士は、生物の細胞が水分を包み込んでいることからヒントを得て、パリ在住のデザイナーと共に、液体でも個体でも包み込める膜状の容器「WikiCell」を開発した。素材はチョコレートやオレンジの成分をミックスしてくっつけたもの。これまでに、WikiCellで包まれたアイスクリームやフローズンヨーグルトが、実際にパリで販売されたこともあるようだ。

○David博士のHP:http://www.davidideas.com/details/wikicells

 こうした食べられる食器を開発する上で大きな課題となるのが、味のおいしさと衛生面での安全性であろう。まだ全世界に普及するほどの製品は出てきていないようだが、今後の研究次第では、こうした課題をクリアし、食器自体が味付けの一つとなるような新たな食文化が生まれるかもしれない。

執筆:大嶋絵理奈(Facebookでフォロー

【食×開発の関連記事】

温かい飲み物に入れると溶ける「持ち運べる牛乳カプセル」を開発(独研究)

80年ぶりの新色!スイスのメーカーが「ルビー色のチョコレート」の開発に成功

食材がキラキラ光る!「光を反射する寒天」が開発された

Follow Me!

新着記事の更新情報をお知らせします!

Twitter:@BAKE_OPENLAB
Facebook:BAKE OPENLAB

TOP

RANKING

FEATURE