「蜂型ロボ」に「花型ロボ」──農園を支える”影の労働者”不足をロボットで解決
Read
TOP

寒い季節の果物であるリンゴやイチゴがスーパーに並ぶまでには、欠かせない存在がいる。ミツバチだ。ミツバチは「受粉」を媒介することで、野菜や果物の生育をサポートする。

もしミツバチがいなくなれば、世界の作物の1/3は失くなると言われているほど、ミツバチが農園に貢献する度合いは大きい。

しかし、近年、ミツバチの失踪や大幅な減少が問題となっている。農薬の使用や気候変動といったさまざまな要因が重なり、農園ではたらくミツバチが消失しているのだ。ミツバチの消失は、食料の生産量に打撃を与え、生産者のみならず、消費者である私たちの食生活にも影響をもたらしうる。

消えたミツバチの空白を埋めるものそれは「ロボット」の役目かもしれない。

ハチの動きを模倣する「RoboBee」

ミツバチが受粉を媒介しない場合、人の手で人工授粉を行う必要がある。しかし、農地が広ければ広いほど、それは気の遠くなるような作業だ。

アメリカ・ハーバード大学Wyss研究所は、ミツバチと同じように受粉を媒介できる自律飛行マイクロロボットRoboBeeの開発を進めている。

bee

このロボットはペーパークリップの半分ほどの超小型である。人工筋肉を使って飛行し、「脳」となるセンサーをで環境を感知することができる。物の上にとまったり、障害物を避けたり、水中を泳いだりといった動きも可能だ。

RoboBeeは年々機能がアップデートされており、昨年は、海鳥のように水中から空中に飛び立てるようになったという。

Unknown

受粉を完全に模擬するには、ハチと同じように花粉をピックアップして運ぶ動きをコピーするだけでなく、どの花粉をどの株に付着させるかといったこともロボット自身が判断しなければならず、その道のりは遠い。

現在は、RoboBeeにGPSトラッキング機能を搭載し、画像解析を利用して農園内の花粉の多い作物を特定し、最適な飛行・受粉スケジュールを組み立てることを目指しているという。

人工受粉の機械化「SYNTHETIC POLLENIZER」

一方、RoboBeeと逆転の発想なのが、ミツバチをひきつけて人工受粉を促進する花形ロボット「SYNTHETIC POLLENIZER」である。オーストラリアのアーティストMichael Candyさんが作った作品だ。

flow

flow2(1)

このロボットでは、3Dプリンターで作られた本物さながらの花びらやおしべの表面に、下のタンクから合成蜜や花粉が分泌される。合成蜜は砂糖水でできており、花粉はミツバチの巣の中の余った花粉を収集したものである。

プロトタイプは菜種の花がモデルとなっており、ハチがとまりやすいような色と形にするまで何年もかかったという。

flow3

(上記3枚の画像はすべて https://vimeo.com/250782302 よりキャプチャ)

ハチは本物の花と同じように、蜜と花粉に引きつけられる。ロボットを本物の植物と同じ場所に配置することで、受粉が起こりやすくなることが期待できる。カメラを搭載しているため、遠隔から様子を観察することもできる。

また、ロボットを複数台用意し、ハチの背中に色素がつくようにすることで、どのハチがどの場所に移動しているかを追跡することもできるかもしれないという。

 

もちろん本当に大切なのは、小手先の対策ではなく、ミツバチの数を本質的に元に戻すことである。そのためには生態系の回復など、長い年月をかけた環境改善が必要だ。

それでも、それと並行してこのようなロボットを活用することは、私たちの目下の豊かな食生活を維持するためには有効であろう。

執筆:大嶋絵理奈(Facebookでフォロー

参考文献
Ma, Kevin Y.; Chirarattananon, Pakpong; Fuller, Sawyer B.; Wood, Robert J. (May 2013). "Controlled Flight of a Biologically Inspired, Insect-Scale Robot". Science. 340 (6132): 603–607.
http://science.sciencemag.org/content/340/6132/603

【関連記事】

全自動バリスタロボットが作る次世代のカフェは、「体験」でおいしさが広がる場所になる。

研究者はもっと「創造」すべきーヒト型ロボット「まほろ」が変える研究の未来

注文前に料理を目の前にシミュレート!ARバーチャルメニュー「KabaQ」

Follow Me!

新着記事の更新情報をお知らせします!

Twitter:@BAKE_OPENLAB
Facebook:BAKE OPENLAB

TOP

RANKING

FEATURE