鳴海拓志
Read
TOP

 鳴海拓志(なるみ・たくじ)。東京大学大学院情報理工学系研究科にて講師を務める。専門分野はバーチャルリアリティや五感インターフェース。バーチャルリアリティや拡張現実感の技術と認知科学・心理学の知見を融合し、限られた感覚刺激提示で多様な五感を感じさせるためのクロスモーダルインタフェース、五感に働きかけることで人間の行動や認知、能力を変化させる人間拡張技術等の研究に取り組む。食関連では、食べ物の味を変える拡張現実感システム「メタクッキー」や、満腹感に影響を与えて食べる量を変える拡張現実感システム「拡張満腹感」などを開発している。また、URCFクロスモーダルデザインWGにて、多感覚を活用した体験デザインを議論するワークショップを開催中。

◎研究室:東京大学大学院情報理工学系研究科 廣瀬・谷川・鳴海研究室
◎主な業績(2017年1月現在)
日本バーチャルリアリティ学会論文賞、経済産業省 Innovative Technologies、グッドデザイン賞など、受賞多数。

 

TOP

RANKING

FEATURE